手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
チンジャオ娘の最新作エロ漫画を紹介
未分類

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|チンジャオ娘・小桜クマネコ|完全無料ネタバレ

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】ネタバレを詳しく紹介していきます( *´艸`)

チンジャオ娘と小桜クマネコが再びタッグを組んだ作品
『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』。

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』などの
大人気エロ漫画を手掛けた2人が待望の再結成です!

 

このサイトでは『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の
あらすじやネタバレ、登場人物紹介などをお届けします。

早く読みたいという方は下のリンクから公式サイトに行けるので、まずは試し読みからどうぞ(#^^#)

>>>無料試し読みはこちら

それでは早速、作品について紹介していきます♪

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので:あらすじ

大事に育ててきた愛娘。
実は自分の子供じゃなかった!

まさか妻の愛人の子供だったなんて・・・。

確かに発育が非常によく、実の娘に対してムラムラすることもあった。
それは自分の性欲が強いだからと、抑えこむことができていた。

 

しかし実の娘じゃない、赤の他人だったとわかった今は―。

 

父親だった男は、実の娘だと思っていた少女を突然押し倒し、チンコをねじ込んだ。
少女は処女膜を父親と思っていた男に、はかなくも破られてしまうのだった。  

最初は絶望した少女だったが、次第に男とするセックスに快感を覚えるようになる。

男の「性教育」という名の子育てにより、少女は自分でオナニーするまでに成長していく。

父と娘と接してきた十数年間。
「男」と「少女」となった2人の行く末は―。

>>>無料で試し読みする

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので:無料でネタバレ紹介

それでは【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】をネタバレ紹介!

まずは、作品の登場人物を紹介します(*’ω’*)

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【登場人物】

陽葵:ひなた(娘)

  • 父親と思っていた男に、無理やり処女を奪われてしまう
  • バドミントン部で鍛えたしなやかな体を持つ
  • 芸能界からスカウトがあるほどの可愛さ
  • 胸をはじめ、身体の発育が良い

中村俊樹(父)

  • システムエンジニア(大手ソフトウェア開発会社で勤務20年目)
  • 会社でうだつの上がらない中、一人娘が唯一の希望で自慢
  • 妻に裏切られ、知らない男の娘を育てていたことが判明
  • 発育のいい娘だった少女を見て、ムラムラするほど性欲旺盛
  • 裏切られた衝動で娘として育てていた少女の処女を奪ってしまう

 

第1話:娘がただのメスになった日

中村俊樹は、大手ソフトウェア開発会社に務めて20年目。
時間はかかったが、ようやく主任になった平凡なサラリーマンだ。

そんな俊樹の唯一の自慢は、かわいいかわいい1人娘の陽葵。

自分が持てるすべてを費やし、大切に育ててきた愛娘である。

陽葵が小さいころから色んなところへ連れて行ったが、
毎回決まって言われる言葉があった。

陽葵ちゃんはママ似かな?

確かに陽葵は父親である俊樹に少しも似ていない。
俊樹本人も毎度言われるので、ずっと気にしていた。

気になりすぎてついにDNA鑑定に出してしまったが、
まさか本当に陽葵が自分の子供じゃないなんて―。

俊樹はショックのあまり学校帰りの陽葵を押し倒し、
大きく育った乳房にむしゃぶりついたのだった。

第1話の詳しいネタバレはこちら>

 

第2話:中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

娘だと信じていた陽葵が、自分の子供じゃないと知ってからは
もうただの女にしか見えなくなっていた。

ここまで育ててきたんだ。
オレにはこの「肉」を食べる資格がある。

俊樹にはもう、娘ではなく「ただの女」にしか見えない。
後先のことなど考えていなかった。

陽葵を後ろに向かせ、まだ誰にも触らせたことのないであろうマンコをいじり始める。

初めはきつかったマンコも指でピストンし、お尻の穴と合わせて刺激するといい具合にほぐれてきた。

ビクンッ!!

陽葵は父親の指で初めてイッてしまった。

その姿を見て俊樹は興奮し、たまらず自分のチンコを陽葵のマンコにあてがう。

「ウソでしょ、お父さん。私の知ってるお父さんはそんなことしない・・・!」

「残念だが今のオレは、陽葵の知ってるお父さんじゃないんだよ」

そう言うと俊樹はまだ誰も受け入れたことのない陽葵のマンコに
自分の息子を奥深くへと突き刺した。

第2話の詳しいネタバレはこちら>

 

第3話:何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして

「お前は俺にセックスされるために、今まで育ててきたんだ!」

「家畜同然のメスなんだよ!」

陽葵に罵声を浴びせながら、俊樹は無我夢中に腰を振り続ける。

目の前にいる女は、自分が十数年間のすべてをかけて育ててきた娘。

それが本当の娘ではないと知ってしまった絶望が、俊樹の冷静さを失わせていた。

ドクッ!ドクンッ!

俊樹は2度目の射精を、陽葵の中へ出した。

それでも俊樹の凌辱は止まらない。

妻―陽葵の母親が好きだった攻め方をすると、陽葵もエッチな声をあげる。

「お前の母親もこうされるのが好きだったな」

俊樹は陽葵の股を広げ、再び秘部へ挿入した。

「処女だったくせに、だんだんとこなれてきたな」

陽葵とヤリたい同級生はたくさんいるだろう、などと言いながら攻め続ける俊樹。

夢中で陽葵のカラダを味わいつくし、最後の一滴まで陽葵の中に注ぎ込んだ後、
ようやく俊樹は冷静になっていた。

「もう、ここにはいられない」

そんな俊樹はある行動をとることにした。

第3話の詳しいネタバレはこちら>

 

第4話:私、お父さんとずっと一緒にいたいから

陽葵に引き留められて警察に出頭することを止めた俊樹だったが、
本当に娘が自分を許しているのか不安だった。

娘を無理やり犯してしまった次の日。

普通に会社に出勤、娘は学校に登校したが、家に戻って陽葵が許していなかったら
警察へ出頭するつもりだった。

しかし陽葵は、夕食を作ろうとしていた俊樹のおちんちんを取り出してこう言った。

お父さんを気持ちよくしてあげるね

気持ち良くしてあげることができれば、父親は私を必要としてくれる。
今までと変わらず家にいてくれる、陽葵はそう思った。

授業中、スマホでエッチ動画を見て研究したというフェラを俊樹に披露する陽葵。

けなげな陽葵のフェラに、俊樹はほどなくイッてしまった。

その後、毎日陽葵は母親の目を盗んでは俊樹にフェラをして喜ばせていた。

俊樹は日に日にフェラが上達する陽葵が楽しみになっていた。

ある日、えっちなビデオで女優さんがやっていたという、
おちんちんをおっぱいで擦るやつ―「パイズリ」をやってみたいと
陽葵が俊樹におねだりをしてきた。

下心満載の俊樹は、陽葵の頑張りを見たいと快諾。

母親をはるかに超える大きさのおっぱいに挟まれる快感を
じっくりと堪能するのだった。

第4話の詳しいネタバレはこちら>

 

第5話:身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて

毎日エッチなことをしていた陽葵と俊樹だったが、
一方で陽葵はまだセックスに慣れていなかった。

初めて俊樹としたセックスがレイプだったため、
痛いものだという記憶が残っていたためだ。

「お父さんにはいて欲しいけど、この前みたいな気持ちのままするのはイヤ・・・」

「セックスって、本当は気持ちいいんでしょ?」

セックスの気持ちよさを教えて欲しい、と懇願してきた陽葵。

もちろん断る理由のない俊樹は、遠慮なくバックで挿入した。

俊樹のムスコは人一倍大きく、ほぼ処女だった陽葵のマンコにはまだまだ大きかった。

少しずつムスコを擦り合わせているうちに、だんだんとアソコがほぐれてくる。

「ねぇ・・・キスして」

陽葵は俊樹にキスをおねだりしてきた。

キスをするうちに、セックスが気持ちよくなっていく陽葵。

俊樹がバックで果てた後、セックスの気持ちよさを知った陽葵は
自分からエッチしたいと言い出した。

またえっちなビデオで研究したのか、自ら俊樹の上にまたがって挿入した。

騎乗位になって、腰をふる陽葵。

バドミントンで鍛えたカラダで、俊樹のムスコを締めつけていく。

「いい、自分で擦ってるところが気持ちいい・・・!」

「ヤバい、気持ちいいところ見つけちゃった」

「ああ!イキそう・・・!」

「俺も出る・・・!!」

俊樹は激しく動く陽葵に耐えられず、陽葵の中に性欲を放出した。

「すごい・・・おなかの中に入ってるのわかる、熱い」

エッチの気持ちよさを体感した陽葵は、毎日エッチをしたいとねだるようになっていた。

第5話の詳しいネタバレはこちら>

 

第6話:妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々

陽葵は学校から帰ると、すぐに俊樹のムスコをしゃぶり始めるようになっていた。

「学校から帰ってきて、いきなりなめるなよ」

「だってお父さんのおちんちん、早く食べたかったんだもん」

陽葵は立派なエロい女に育っていた。

今日の陽葵がしたがったことは「シックスナイン(69)」だった。

俊樹は十数年前におむつを交換しながら見た陽葵のマンコに、
自分の舌を突っ込むことになるとは思ってもいなかった。

しかし、陽葵が自分の娘ではないと知ったあの日から、すべては変わっていたのだった。

このころ陽葵は「自分をレイプしたこと」や「自分と母親の両方に中だししたこと」をネタに俊樹にいじるようになっていた。

そのことについて俊樹は何も言い訳はできなかったが、陽葵もエッチ大好き女子高生になっていたので問題なし。

むしろエロいことを楽しんでいるようだった。

「クラスの男子が私とセックスしたいって言ってるの、聞いちゃった」

そんなことを俊樹に言ってくる陽葵。

フェラをしながら 「男の人って、穴なら何でも気持ちいいのかなぁ」 という言葉攻めまで始める。

母親が眠る部屋の薄い壁を隔てたとなりで、陽葵と俊樹は毎晩セックスをするようになっていた。

第6話の詳しいネタバレはこちら>

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので~ 感想

ついに配信された『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』!

最新話まで読んだ感想としては、初めは「凌辱モノかな?」

って思っていましたが、だんだんとそうではなくて

親子愛や絆に満ちた作品だなって思いました。

 

もちろん最初は父親が自分の実の娘じゃないことに

絶望して娘をレイプしてしまうし、そこで発する言葉も

凌辱系エロ漫画に出てきそうな単語が並んでいます。

 

しかし、散々セックスしてしまった後とはいえ、

父親は自分の犯した行為を反省していましたし、

娘もそんな父親を許し、さらには自分からエッチを求めるようになっていきます。

 

第4話ではまだまだ慣れないフェラで父親を喜ばせようとがんばる健気な姿を、

第5話では自らAVで勉強した騎乗位まで披露するなど成長した姿をみせてくれます。

 

前半は凌辱モノ、後半はエッチ成長物語となっていて何ともお得な作品です( *´艸`)

今後の陽葵と俊樹の関係や、母親とはどうなるのかなど気になることがたくさんあり、続きが気になるので早く読みたいです☆

第7話以降も配信され次第レビューしていくので、ブクマしておいてくださいね(#^^#)

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので~ 口コミレビュー

口コミは配信直後なのでまだないようです。
口コミが出始めましたら、すぐに載せていきます♪

Twitterでの反応は?

チンジャオ娘先生と小桜クマネコ先生のタッグということで、

Twitter上でもファンの方々は大いに盛り上がっています(´ω`*)

しかも小桜クマネコ先生も作品についてツイートしていたりするので、

裏話見たさについつい見てしまいます。

 

>>>無料で試し読みはこちら